2009年02月08日

入試の面接も年の功か

≪誰も一緒ではない≫
難しいです。
今回の大学院入試では10名を面接しましたが、受験生の緊張度は歴然でした。
博士前期課程(修士)受験の7名は全員20台前半の若者で、可愛そうなほどカチカチに緊張してしまう人が多かった。
博士後期課程(博士)受験の3名は全員50歳代の中年男性で、キャリアを含め海千山千でした。こっちが負けそうでした。
やっぱりキャリアを積むと面の皮も厚くなるのでしょうか。  ・・・・は、なかなか見抜けないです。マイッタ!  


Posted by 三橋 at 00:01Comments(0)