2017年03月26日

最近はDo it yourself です

≪基本は趣味と実益≫
大型乗用車用の余裕を持った7坪の駐車場作り。
この3年、整地業、土木業、建築業、庭師、樹木医、他といろいろな事や物作りに挑戦しました。
今回もインターネットに記載があるものを参考として設計と施工計画。
ここまでくれば、後は枠を設置してコンクリートを流し込むだけです。
楽しいけど作業はメチャ体力勝負できついです。
毎晩マッサージに行きたいが、そうはいきません。
実質は1日置きで、マッサージ治療費がばかになりまません。
親に頂いた頑丈な身体と空手で培った根性と魂に感謝しています。
こんなに元気で体力があるジイはそんなに多くはいません。
兎に角、これで出費は業者見積の三分の一で済むでしょう。
家人全員は、全く理解してくれない。豊かさは人をspoilsさせる
働いてみたら解るのにね。甘い人達です。
ジイとしては、後で泣きを見るなと言いたい。






  


Posted by 三橋 at 19:29Comments(0)

2017年03月25日

何故ない丁度良い線香

≪満足するものが無い≫
彼岸やお墓参りの時になると思いだす。
これという線香にめぐりあったことが無い。
屋外用に考案できないのであろうか?
何が問題かというと、風があると時に点きが悪かったり、燃えあがって火が消えなかったり。
長さ、量、匂い、形、パッケージ等々は用途に合う線香はある。
しかし、点きと燃えない工夫がされた線香にであったことがない。
線香を点ける道具に頼らず楽に点火、吹き消す苦労のない線香が欲しいいです。
老後は線香の開発を趣味の一つにしようかな?  


Posted by 三橋 at 02:23Comments(0)

2017年03月21日

春先の大会で目にする

≪茨城県での大会≫
春先のローカルでの空手大会に行ってきました。
会場への小路で見かけた茨城らしい満開な海の木。
温かさとともに身体も元気になる感じです。
目にした深刻なスポーツ大会の会場確保への問題。
既に始まっていた2020オリンピック影響による国内大会運営の現実。


  


Posted by 三橋 at 04:50Comments(0)

2017年03月19日

金沢の食の旅に誘われて

≪TVで見ると我慢できない≫
マスコミで回転ずしの「金沢まいもん寿司」がレアな話題となっている。
プロテニスプレイヤー錦織圭のPR効果が「のどぐろ」人気に繋がっているのか。
店でいろいろものを食べたが、ぶどう海老と大トロをお勧めします。
大トロのネタは小ぶりだが最高の部分を使っています。
近所の金沢まいもん寿司店も満員御礼でした。
確かに一般の回転ずしよりも値段が高いが質は良い。
私の知っている回転寿司店で対抗できるのは、東北ではすし〇と思います。
自称寿司評論家の私が言うので確かな情報もありますよ。



  


Posted by 三橋 at 08:06Comments(0)

2017年03月12日

WBCから帰ってこない

≪野球の試合は長い≫
サッカー慣れしてしまうと野球の試合が長く思います。
今晩の日本対オランダ戦はTVでも興奮します。
子供たちの東京ドームで興奮してる顔が想像できる。
心配なので早く日本が勝って終わって下さい。
  


Posted by 三橋 at 23:52Comments(0)

2017年03月07日

ブロガーとなって10年を過ぎて

≪依頼された時代≫
ITビジネスが活発になった状況下。
企業から依頼された、興味本位でのスタートでした。
ITに無知な私にとって、ブログの有効性が分からないまま引き受けた状況。
この頃は中央アジアへの調査出張が多く、ネットカフェからの発信が上手くできなかったことを思い出します。
学生からツイッターを進められましたが、何か分からずこれは1回もやったことはありません。
ともあれ、今のような社会となるとはアナログ男には想像もつきませんでした。
また、一般人的な中年の誰が想像できたでしょうか、今のようなIT社会、ITビジネス。
更に色々なシステムが身の周りに氾濫してきています。
SNSだ、なんだ、かんだと知らないものが増えました。
今は写真だけのInstagram(インスタグラム)というものも出てきましたね。
ブログも以前に比べると写真が多くなっています。  


Posted by 三橋 at 17:52Comments(0)

2017年03月04日

形見を生活の中に

≪現実に何が形見かです≫
形見は亡くなった人の思い出となる物のことを言うのでしょう。
しかし、時代・性別・国・文化・習慣・他で、それが現実に受け継いで使えるかということになります。
その人を思い、無理に使うことがあっても良いでしょう。
遺産も親族にとっては形見での一つかもしれません。
寧ろ、そちらに興味のある人が多いかも知れませんね。
それで形見を作ることができるから。
さあ、皆さんはどちら派ですか?
父を亡くして1年、そろそろ私が使うということになりました。
1960年代中頃の日本人の海外旅行が自由化されました。
その時(男性旅行者が多い時代)の海外土産と言えば、決まっていました。
それは、スイスのオメガ時計とスコッチウイスキーのジョニーワォーカー(黒か赤)です。
50年程前にジョニーワォーカー黒が8,000円で、今は2,500円です。
皆さんはこの現状をどう分析しますか。
日本人の海外旅行の土産の変遷も考えて見て下さい。
ジョニーワォーカーの空き瓶に、ニッカやサントリーの安ウイスキーを入れ替えて自慢していた人もいました。
オジサン年代の方には経験がある人が多いと思います。
後年、海外で酒瓶の詰め替えが問題となり、瓶の口(詰め替え防止)が変わったはずです。
流石50年前のオメガ時計を使うことは無理がありましたので、私は・・・・・しました。
  


Posted by 三橋 at 10:55Comments(0)

2017年03月03日

デンタルツーリズム

≪歯の治療もメディカルでしょうか?≫
先日の自分の経験からの単なる私的な低レベルな思いつきかも知れません。
あまり聞かないし、考えてもみなかったツーリズムの形態です。
日本に集中治療をする歯科医院があるのを聞いたことがありますが。
もし、日本の歯科治療、入歯、インプラント、他等に世界でもトップクラスのものがあったら企画すべき。
身体は自由に動かせるので、観光活動は歯科院通いの合間に十分可能。
日本のインバウンド観光の一策になるかも知れません。
  


Posted by 三橋 at 05:03Comments(0)

2017年03月01日

遠路はるばる歯の治療

≪嫌なDNAを頂きました≫
親にもらった身体の部分で一番嫌いなのは歯です。
形や並びは良いのですが、歯質が悪く虫歯になりやすいようです。
学生時代には空手の試合で3本折られ若い時から治療にお金がかかりました。
そのせいではないが、異常と言われるほど歯に気を使っていました。
メキシコでは「歯は美しい真珠のような」という歌の一節があります。
しかし、その国に滞在していた時に、ヘボ歯医者に大事な歯をガタガタにされてしまいました。
帰国後も一番時間を使いお金と注意を払ったのは歯のケアーです。
今回は2万円を超す交通費と16万円を超す奥歯の差し歯代がかかりました。
3本で30万円の差し歯になると聞きビックリ。奥歯のサラミックも保険が効くと聞いていたのに。
交渉で16万数千円になりましたが、納得出来ず。バナナのたたき売りじゃあるまに。
これで18年続いたこの歯科医院とのお付き合いが終わりになるでしょう。
近所で歯医者を捜していますが、何でも難しいのが田舎です。



  


Posted by 三橋 at 23:01Comments(0)

2017年02月18日

特攻隊出身の偉大な空手部の先輩達

≪時代の生き証人が逝く時代≫
先日、空手の技を極め続けた偉大な小野寺先輩のお通夜に参列させて頂きました。
戦地から色々な戦争体験をした若者が大学に入学・戻り、勉学・スポーツに情熱を燃やす敗戦後の日本。
巷では占領軍が我儘に市中をカッポし、戦勝国となった当時朝鮮人・支那人と言われた在日朝鮮半島・中国大陸出身者が高圧的となった日本社会に、学生ヤクザと言われた安藤組(安藤昇組長=法政大学空手部?)が生まれた経緯を先輩達から聞いたことがありました。また、東映で映画化もされました。
血潮に燃える若者たちは過去を払拭するように何かに没頭して行った時代であったと思われる。
昭和20年代明治大学の空手部に入部する学生は毎年200人~300人、卒業時に1割の同期しか残らない激しい稽古の時代。
今の入部部員を全員卒業にという時代とは、稽古内容に武道とスポーツ空手の大きな違いが。
成熟時期に入ったと言われる平和で豊かな時代の現在の日本。
マッカーサー占領下の武道の稽古が窮屈な時代に空手修行に没頭した先輩達は90歳前後となり、訃報を聞く機会が増えました。
2020年東京オリンピック公式競技に空手が採用されたのも、先輩諸氏の地道な努力があったことを忘れてはならない。



伊野寺先輩の海軍軍服と少年飛行兵姿。                            若干17歳から18歳の少年達が国を思って志願という熱い情熱の時代。






  


Posted by 三橋 at 12:08Comments(0)

2017年02月13日

庭先は早春の私的観光シーズン

≪庭先の梅の木に≫
紅梅、白梅が寒気のあいまの暖かい日に開花したようです。
良い匂いがします。
ウグイスを見ました。
しかし、まだホーホケキョウと鳴いていませんでした。
国内外のいろいろなニュースに一喜一憂している昨今。
春がそこまできていました。


  


Posted by 三橋 at 02:17Comments(0)

2017年02月10日

ソーラー電子時計に怒り

≪わずか2年でこうなるの≫
センター試験、大学入試関係で正確な時間ということでソーラー電子時計を使ってきた。
非常に正確で、時間合わせということとは無縁になっていた。
デザインに飽きたし、ちょっとグレードアップと思い買った時計が2年程で故障がちになった。
近所の時計店に補助電池の交換をお願いしたら、このタイプはソーラー電池1個で1体ということであった。
購入した東京のY量販販店で聞いたらソーラー電池交換は高額になるので、2週間ほどじっくり太陽に当てて下さいとの回答。
そんなに当てたら時計がスルメイカ状態になってしまうのではと思いつつ。
家人から馬鹿にされながら窓際に時計を置いて2週間が経過、何とか表示が現れました。
今迄も何度かあって数日の天日干しで誤魔化してきました。
私の?持病に似ていて。いつ再発するか面倒くさく、嫌気がしてしまいます。
ついに日本製もこのレベルになったか。
これなら憧れていたパブル時代に流行った金ぴかのローレックスに変えるか。
でも、庶民には400万円超のローレックスは無理ですよね。
60枚買ってあった年末ジャンボをチェックするのが楽しみです。
悲しいいが、庶民は言っていることと出来ることの差は大きいですね。




  


Posted by 三橋 at 10:54Comments(0)

2017年02月09日

気になっていた白いイチゴに挑戦

≪使い方次第かな?≫
TV最近紹介される、とても甘いといわれる白いイチゴ。
気になり果物屋にあったリーズナブルの値段の物を買ってみました。
食べる前から見た目で口中に唾が溜まってきました。
思っていたより甘かった、それは逆の効果で余計甘く感じたのか分かりませんが。
TVでは糖度18度の白イチゴが出ていました。私のは?度表示。
視覚から受ける概念的なイメージはヒューマンオッチングも共通と思います。
何でも実物よりもよく見えるようにセッティング、表現が必要ということでしょう。
私の好きなショートケーキには、色合い的に向かないのは確かです。




  


Posted by 三橋 at 12:42Comments(0)

2017年02月06日

緊急な観光教育proper募集

≪ここまで来たか求人≫
ホームページを見て2名の観光教育のproperを紹介して欲しいという連絡が研究機関から個人的にありました。
推薦という人と人、人と組織という信頼を元にした日本的な結びつきが復活して行くのか。
未だに企業は体育会ルートの推薦採用は増減しながら継続しています。
大学は推薦から公募と採用方法が変わってしまいましたが、それに疑問を持つ組織もあるということは私的には大変嬉しいことです。
また、その組織は70歳の定年を超えた人材とも差別なく専任に準ずる待遇で迎えるという。
若手にはできない古いタイプの教育者を採用して学生に多様なスタイルの教育が目的なようです。
こんなニュースの糸口をもっと広げて行き、元気な高齢教育者を送り込みベテランの魅力を紹介したい。
  


Posted by 三橋 at 00:13Comments(0)

2017年02月03日

海外留学の費用が高過ぎ

≪何所に求める留学先≫
この5,6年の間に留学費用はかなりの増加傾向になっている。
当然、留学先の経済状況により格差大きい。
日本人の留学先として特に人気のあるのは英語圏の国である。
大学選考の基準としては歴史・知名度・実力がポイントとなっている。
しかし、留学の費用面から米国・英国からカナダ、オーストラリア、ニュージーランド、フィリッピン、他の英語授業をする国となっている。
有名校に入学するには、かなりハイスコア―なトッフル試験結果が求められます。
中国語学習者は時代背景として増えているのはうなずけるが、第二外国語の定番となっていいたドイツ語、フランス語の影が薄くなっているのは古い人間として淋しい。
先日のニュースではイギリスがユーロを脱退したことにより、昔の主流であったドイツ語・フランス語が注目され、海外でその学習が広っているとの報道がありました。



  


Posted by 三橋 at 01:32Comments(0)

2017年02月02日

海外で活躍するJACAシニアーの同期生

≪JICAシニアーは69歳限度≫
自分の最後の務めとアフリカに行き、キャリアを活かした大学の研究指導者になった。
アフリカは地中海を渡ればすぐにヨーロッパ、結構旅行を楽しんでいるようです。
自慢の大学同期生です。

会社員から研究指導者の顔に。











  


Posted by 三橋 at 02:37Comments(0)

2017年01月31日

休日の高速はドライブが快適

≪忙しく移動した1日≫
京葉道路、湾岸道路を使い練馬、新宿、幕張メッセ、酒々井アウトレットと朝からめまぐるしく終日行動。
営業車両や通勤車両が少ない高速は快適でした。
京葉道路の2車線と湾岸道路の3車線では疲れはだいぶ違う感じです。
特に日曜日の新宿オフィス街の一般道は車での街中観光に最適でした。
幕張メッセは、子供のコミックブックの催しで溢れる子供達と家族連れでレストランが混雑。
今一なインド料理食べることになってしまいました。
食後の腹ごなしに酒々井のアウトレット迄ドライブに。
いつもと違う人出にショッピングに時間がかかってしまう。
チョコ好きな私は我慢して、量で勝負。
今日はPIEER MARCOLINIをやめてGODIVAにしてしまいました。

  


Posted by 三橋 at 01:35Comments(1)

2017年01月17日

旅行貯金が受験料に変化

≪背に腹は代えられない≫
息子の受験のためです。
今回は2年半貯めてきた“惜別の旅”資金の一つとしていたワンコイン貯金箱を開けました。
海外居住の友人に、お別れをいう旅(自称惜別の旅)を継続する資金でした。
ここ数年、休暇を取れる時にいろいろな資金を切り崩し、大学時代から交流を持ってきた外国に住む友人・知人を訪ねております。
大学が変わり環境の変化と飛行機のエコノミークラスが辛くなったことが、海外旅行をメッキリ減らせてしまいました。
多い年は、7、8回していた海外旅行(仕事の出張を含め)ものが1、2回なりました。
また、友人・知人もリタイア―する者が多く、訪日する事が無くなって日本で会えなくなってきています。
惜別の旅は、元気な内にサヨナラの杯を傾けると共に思い出の地の訪問を兼ねています。
ビジネスクラスを使いたい自己満足の回顧主義です。

≪緊急の用途変更≫
海外で私を待つ友人・知人も許してくれるでしょう。
貯金箱は抱えるのも大変なくらい重った。
500円玉1個は7gです。 7,175g=1,025=512,500円となりました。
宝くじを買うのを止めて、また500円貯金を始めようかと思っています。
しかし、一角千金を夢見る私には宝くじ買いを止めるのは無理かもね。
何かの思慮の参考になればと思う次第です。











  


Posted by 三橋 at 02:37Comments(0)

2017年01月15日

海外のからの来客も考えてのカーペンター

≪作業小屋作り≫
最近、何かを作りあげることに楽しみを感じています。
今週末は雨でも可能な日曜大工のための作業小屋作り。
野外バーベキューも出来るように縦3メートル、横8メートルと結構大き目に。
寒さと風の中で屋根に上がりかじかむ手で波型プラスティックトタン板の釘打ちは滑って難しい。
何度も指先をトンカチでたたき、手袋の中の親指と人差し指に血豆と出血。
夏になったら東京周辺在住の教え子を集めての楽しいバーベキューパーティをと思うと、辛さも我慢できます。
私が外国でしていたワイルドなバーベキューパーティでもてなしますよ。
味は私があみだした照り焼き風味。
先の話となりますが、2020年東京オリンピックの空手道競技で我家に寄る弟子達も楽しませたい。
田舎なので庭先の駐車場は12、3台分のスペースがあります。
家族揃って車で来てください。待ってるから仲間にも連絡をしてとね。
  


Posted by 三橋 at 19:05Comments(0)

2017年01月14日

寒波の中のセンター入試

≪恒例になったようです≫
寒波の来襲。よく当たる気象予想です。
コンピューターの高性能化は、気象シュミューレーションを正確にしました。
日本の広域に渡る雪の中でのセンター入試初日となる。
昨年は雪の中、東北大学会場で。

今年は今季最低気温で晴れ一時吹雪の中、千葉大学会場で。

受験会場はどうでもいいから入学して欲しいと思う親心は、皆一緒です。  


Posted by 三橋 at 09:34Comments(0)