2019年05月19日

北方領土を戦争で取り戻す?

≪北方領土視察の経験者から≫
総務省の北方領土学生視察団の引率として8年前に現地を訪問。
悲しい歴史を確認してきました。一国民として、この問題の解決を願うのみです。
第2次世界大戦から70数年、置き去りにされている戦後処理が他にもまだまだ残っています。
諸事に時間がかかり過ぎるからと、戦争という言葉を出すのは愚の骨頂。
バカな国会議員の戦争で領土を取り戻す発言の影響は大。
そんな国会議員を止めさせられない国会議員組織はどうなっているのか。
東大⇒経産省⇒国会議員。この過程で何を学んだか。
こんな最低人間が日本の立法に関わるとは恐怖です。日本人が平和という意味を再認識する時期が来ています。
ロシア軍の実力を疑問視する専門家が居ることも知っています。
また、日本の自衛隊の装備が素晴らしいことを見聞きしておりますが。
    
この核弾道ミサイルが数発が着弾しいたら、日本が終わることをお分かりでしょうか。





  


Posted by 三橋 at 12:56Comments(0)