2009年03月02日

外車マニアとして

≪外国車は国産車に劣るか?≫
性能的にはいろいろ評価が分かれますので、お好み次第ということにしましょう。
しかし、故障ということで比較すれば、外国車は数年経つとメチャ多くなります。
メンテナンスのお金がかかるのが、当たり前のようになってしまします。
≪部品の外観から≫
これは、フランス車のプジューのパワーステアリング用のコンピューター制御器ですが、水が入ってショートしてしまいました。
こんなもんです外国車とは。また、これが可愛く思い、マニアは愛着を感じるのです。
    
≪不十分な防水≫
外部付けコンピュータ制御器の三分の一程まで水が溜まっていました。
パネルが水でショートしたであろう言うのがメカニックの意見でした。
  

こんな不良な部品は、早期のリコールが必要でしょう。同様の問題が多出しているようです。
ちなみに修理代が138,000円と聞いて、涙でした。車検が終わったばかりでした。  


Posted by 三橋 at 00:00Comments(0)