2018年04月20日

フラワーツーリズム

≪春の日本は世界の花園≫
いろいろな花が春になると後を追うように咲き始めます。
江戸時代の花見は梅だったとTV番組で知りました。
何代将軍か忘れましたが、花見を桜にかえたと聞きました。
南北の地形の長さ、高低の地形の多さ、花の種類の多彩。
これらのバリエーションで紫陽花時期まで目を楽しませてくれます。
また、地域独特の花がこれに加えられます。
春に限らす通年できれいな花が見られる日本。
外国人観光客の日本へのフラワーツーリズムが急増中です。
下記は青森の花見の定番食のカニと現在花祭りを開催中の弘前城。【地元パンフ写真より】
この後の有名な花見は函館でしょうか。







上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
フラワーツーリズム
    コメント(0)