2017年08月22日

オープンキャンパスシーズン

≪一種のキャンパスツアーのようです≫
日本では何時頃、何所から発祥したのでしょうか。
アメリカでは1年を通して大学の詳細を紹介するオフィスが設置されており、専門スタッフが待っています。
どの大学においても入学希望者が一番興味を持つのは奨学金です。
もちろん、教育も重要なポイントとなっています。
アメリカの学生は大人で、自分のスキルアップや経済状況優先に、学部を選びます。
日本の学生は、何を学ぶかよりも大学のブランド名優先が目立ちます。
言い換えれば、専門性の高い学部以外は何学部も一緒という感が否定できません。
我々の時代、就職で悩むのは文学部の学生でした。
ほとんどの求人票の条件に、文学部は除くとありました。
今では考えられませんし、一般の会社は学部問わずです(言い換えれば無記載)。
ともあれ、国公立大学、私学を問わず大学側は参加者の毎年の動向が気になるものです。
あまり少子化と言い過ぎにも思えますが、甘いかな?






上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
オープンキャンパスシーズン
    コメント(0)