2017年02月18日

特攻隊出身の偉大な空手部の先輩達

≪時代の生き証人が逝く時代≫
先日、空手の技を極め続けた偉大な小野寺先輩のお通夜に参列させて頂きました。
戦地から色々な戦争体験をした若者が大学に入学・戻り、勉学・スポーツに情熱を燃やす敗戦後の日本。
巷では占領軍が我儘に市中をカッポし、戦勝国となった当時朝鮮人・支那人と言われた在日朝鮮半島・中国大陸出身者が高圧的となった日本社会に、学生ヤクザと言われた安藤組(安藤昇組長=法政大学空手部?)が生まれた経緯を先輩達から聞いたことがありました。また、東映で映画化もされました。
血潮に燃える若者たちは過去を払拭するように何かに没頭して行った時代であったと思われる。
昭和20年代明治大学の空手部に入部する学生は毎年200人~300人、卒業時に1割の同期しか残らない激しい稽古の時代。
今の入部部員を全員卒業にという時代とは、稽古内容に武道とスポーツ空手の大きな違いが。
成熟時期に入ったと言われる平和で豊かな時代の現在の日本。
マッカーサー占領下の武道の稽古が窮屈な時代に空手修行に没頭した先輩達は90歳前後となり、訃報を聞く機会が増えました。
2020年東京オリンピック公式競技に空手が採用されたのも、先輩諸氏の地道な努力があったことを忘れてはならない。



伊野寺先輩の海軍軍服と少年飛行兵姿。                            若干17歳から18歳の少年達が国を思って志願という熱い情熱の時代。









上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
特攻隊出身の偉大な空手部の先輩達
    コメント(0)