2015年08月22日

この花の木で町おこしを

《何という花か美しくいい匂い》
京都の大通りの騒音と人の雑踏にあって、長い間気が付きませんでした。
主に似ずに心を打つものがあり、通行人から注目の的。
花の木は変人と言われる人の庭から歩道にはみ出しています。
ゴメンと唱えながら他の人にならい、一枝拝借。
これを時間かけ挿し木で増やし、震災地の歩道に植えた町づくりに活用する大構想を計画中。
今度、何という花の木かを知るために植木屋さんに行ってみます。
この花の木で町おこしを





上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
この花の木で町おこしを
    コメント(0)