2013年07月22日

オープンキャンパス日和

≪ちょうど良い気候≫
今日、宮城大学大和キャンパスで本年度の夏の「オープンキャンパス」が実施されました。
夏の暑い太陽もなし、梅雨のじめじめした雨もない丁度良い気候でした。
昨今の経済状況のせいか、毎年参加者増の傾向になるような気がします。
本学教員としては非常に嬉しいが、何故人気があるかと聞かれると悩ましい処でもある。
本当の景気が回復して、将来の日本を背負う学生が好きな地域に行って目的を持って、
青春と共に学び・遊んで欲しい。柔らかい頭脳が国公立に集まるというのはどうかと思う。米国を見よ。
兎に角、小さくまとまって欲しくない。歳とれば角はとれる。簡単に長いものに巻かれるな!
国際的に調整が難しくなった時代、若者は諸外国の人達と競える・戦える能力と迫力を身に付けて下さい。
それは何かといううと何でもよい。自信をもって対処できる勇気さえあれば。愚痴になって失礼!



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
オープンキャンパス日和
    コメント(0)