2012年10月18日

ぶどうの品種改良

≪気候の変化がかえるのか≫
ぶどう大好き人間にとって、食べたい品種が食べられないのは辛い。
私は天童市のピレーネという品種のファンですが、表皮の変色問題で生産の方向性が変わったようです。
皮も食べられるという大きなマスカットに高級ブランドとして力をいれているようですが、やっぱり口の中に皮が残ってしまいます。
食べ方が悪いのでしょうか。兎に角、1粒単価が80円とは高級すぎますね。でも好きです。
ぶどうの品種改良ぶどうの品種改良



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ぶどうの品種改良
    コメント(0)