2007年09月09日

究極の秘湯気分

素晴らしく景観と空気
登山口から40分の急勾配の高山林の中の山道です。
究極の秘湯気分
対照的な米子大瀑布
日本の滝100選に選ばれています。
300メートル程直線距離で離れたところに二つの特色のある瀧があります。
不動滝・・・女性的で優雅といわれている。
権現滝・・・ダイナミックな直線型で男性的。
究極の秘湯気分
山奥の滝の下の森の中にブルーの屋根の宿泊所があります。
これは山のお風呂ですが、残念ながら沸かし湯なので秘湯とは言えません。
谷の反対側は戦前に硫黄の発掘場所として繁栄した集落(村役場と小学校を持つ)があったそうです。硫黄の流出が危険なので埋め立てられていて、記念碑が建っているだけです。
究極の秘湯気分
米子硫黄鉱産跡
究極の秘湯気分

究極の秘湯気分



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
究極の秘湯気分
    コメント(0)