2009年03月08日

検査のつもりが緊急オペ

≪硬膜下出血(血腫)≫
父親は検査に行ったつもりでしたが、緊急入院・緊急オペとなってしまいました。
インターネットの情報は、医学辞典よりも詳細で的確に素人に分かるように説明がありました。
東京女子医大病院では、インターネットの情報全く同じ医術処置をとりました。
姉がその方面の人間だったので、早い対応となり感謝しています。
左頭頂骨に小さな穴を空けて200ccほど血液を抜いたそうです。
オペ後の目が覚めた時に検査をしたら、直ぐ術後の効果が出ていたそうです。
元気になったら、また頑固な親父復活でしょうか。クワバラクワバラ
≪教訓≫
身体に何か変な兆候がでたらインタネットで、その症状でアクセスしてみてください。
僕の経験を含め、症状がでたら我慢は禁物です。直ぐに病院に行って専門医に診てもらってください。
出来たら2人以上の医師に診てもらい、セカンドオピニオン?としてください。
これに関しては、急いてことを仕損じることは無いでしょう。
明治2年の写真です。
インターネットから頭骨の標本写真を借用、写真右の和服は誰でしょう。
検査のつもりが緊急オペ



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
検査のつもりが緊急オペ
    コメント(0)