2019年11月11日

新旧政府専用機の紹介

≪日本の機籍から消えたB747≫
1967年に出現しジャンボのあだ名を持つ大型機B747(ボーイングセブンホーセブン)は、2019年3月まで日本の政府専用機であった。
2階建てで機首にコブを持ったような姿はインパクトがあり、一度見ると忘れられない。
日本政府がこれを購入した理由は、当時の日米の政治問題に由来するものであると聞く。
時代の流れとして燃料の非経済性、騒音問題、大型機の非効率性、他等が民間のJAL,ANAからB747が消える理由であった。
最後まで残っていたのが2機の政府専用機で、これも1機13億円で民間の業者に売却となった。
観光に関わる者にとってはジャンボ機は忘れられない航空機である。
ここから日本のマスツーリズムが拡大したと言っても過言でないだろう。
「B777]                    「B747」
新旧政府専用機の紹介新旧政府専用機の紹介新旧政府専用機の紹介新旧政府専用機の紹介
「専用機内部」
新旧政府専用機の紹介新旧政府専用機の紹介
新(B777)旧(B747)政府専用機の並ぶ姿は見られなくなりました。
新旧政府専用機の紹介新旧政府専用機の紹介
「B777とB747の編隊飛行」        「B747と戦闘機F15」
新旧政府専用機の紹介新旧政府専用機の紹介
「政府専用機を運用する自衛隊スタッフ」
新旧政府専用機の紹介




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
新旧政府専用機の紹介
    コメント(0)