2019年01月26日

日本の大学入試手続きの昨今

≪ついて行けない人も年代も≫
IT化が一般ビジネスだけでなく大学受験の諸手続きまで入ってきています。
家にパソコンなし、スマートフォンなしでは大学受験もスムーズに出来ない時代。
いろいろな事情でそういものをもっていない人に対し、差別になるのではないか。
大規模私大はドンドンその方向に、小規模私大と国公立大にはまだ昔が残っているようです。
ITの進歩は良いが、障害者にとって差別にならないか心配です。
今の日本の世相を映しているのか、子供と親の大学選びの基準変わってきていると聞きます。
また、我々の時代では考えられない借金を背負った学生生活が一般的なようです。
これも日本の社会がアメリカ化している一例ですね。
定年のある職業に就く為に、それまでして大学に行く必要性があるのでしょうか。
社会に出て手に職と言うのは、資格習得を大学しているのと同じではないか。
兎に角、今年度の勝負は後2ヶ月ですので受験生さん頑張って下さい。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
日本の大学入試手続きの昨今
    コメント(0)