2019年01月27日

外国人観光客はもっと相撲観戦を

≪意外に伸びていない≫
今日の大相撲千秋楽から。
20年ほど前は相撲観戦する欧米人をTV画面で結構見かけた。
しかし、最近は少ないような気がします。
日本の伝統として残っているいる一つが相撲です。
ここ10数年日本人の顔に似た外国人が強く、相撲道がスポーツ的に。
外国人観光客にもっと見やすいシステムを考えて欲しい。
歌舞伎のように短時間観戦でもいいのではないか。
現在、世界の26、7ヶ国でスポーツとして相撲を取っているそうです。
世界の相撲になってきているようで非常に結構と思います。
空手の次の日本発祥のオリンピック種目は剣道か相撲か。
200年位先の話かも知れませんが。
その200年先は両方がオリンピック種目になっているかも知れません。
また、その200年先は駅伝が入っているかも(2620年頃のお話)。
柔道は1964年の東京オリンピックで正式採用されました。
さて、日本人の強いお相撲さんは何時出て来るのでしょうか。
待たれます。  


Posted by 三橋 at 18:59Comments(0)

2019年01月27日

小室圭さんも現在社会の被害者か

≪無理な大学進学≫
日本でアメリカンスクールやカナディアンスクール等の出身者の進学大学は限られてきます。
小室さんが調布市のアメリカンスクールの近くにあるICU(国際基督教大学)に進学するのは自然。
英語での各科目授業は当たり前、秋田市の国際教養大学も同様な学習スタイルですが、秋田まではいけないでしょうね。
ICUの正門から真っ直ぐに続くキャンパスの中心道路は元中島飛行機の滑走路跡。
ここでは戦前に陸軍の優秀戦闘機と言われた隼が製造されていました。
その流れが、雪国に強いと言われている自動車のスバルです。
しかし、小室圭さん件はスッキッリしませんね。
なぜ奨学金を申請しなかったのでしょうか。単なる見栄っ張りからかな?
小室母は援助交際をしていたのでしょうか。ギブ&テイクなら元彼氏も大人対応で。
手切れ金問題で69日で失脚した宇野総理大臣を思い出して下さい。
この際、話を収めるためにも小室家は400万程の金作が出来ないのでしょうか。
皇室を利用していると思われる人が皇室女子と結婚するのを日本人として誰が祝えるでしょう。


  


Posted by 三橋 at 11:11Comments(0)