2017年03月01日

遠路はるばる歯の治療

≪嫌なDNAを頂きました≫
親にもらった身体の部分で一番嫌いなのは歯です。
形や並びは良いのですが、歯質が悪く虫歯になりやすいようです。
学生時代には空手の試合で3本折られ若い時から治療にお金がかかりました。
そのせいではないが、異常と言われるほど歯に気を使っていました。
メキシコでは「歯は美しい真珠のような」という歌の一節があります。
しかし、その国に滞在していた時に、ヘボ歯医者に大事な歯をガタガタにされてしまいました。
帰国後も一番時間を使いお金と注意を払ったのは歯のケアーです。
今回は2万円を超す交通費と16万円を超す奥歯の差し歯代がかかりました。
3本で30万円の差し歯になると聞きビックリ。奥歯のサラミックも保険が効くと聞いていたのに。
交渉で16万数千円になりましたが、納得出来ず。バナナのたたき売りじゃあるまに。
これで18年続いたこの歯科医院とのお付き合いが終わりになるでしょう。
近所で歯医者を捜していますが、何でも難しいのが田舎です。



  


Posted by 三橋 at 23:01Comments(0)