2008年07月10日

○○大学産という酒

≪よくある話です≫
新学部(旧県立農業短大)の食産学部の農場で育てた酒米を醸造して作った日本酒です。
この「きらりん」は、酒米のみが宮城大学の農場産で、他は委託です。
すべての過程を大学で行えたら面白いでしょうね。
酒販申請責任者の1人なので巷の評価が気になるところです。
4合瓶1本がで2200円ですが、どう思いますか。
先日、山形の2人の酒通に送って、味の評価をお願いしました。
山形の金賞受賞酒の出羽桜などとの比較報告が楽しみです。
しかし、面白いでね学生があまり飲まない日本酒が大学グッズになるなんて。

≪先生に人気≫
兎に角東京の知人等への贈答用として、先生方に人気があると聞いています。
是非、興味のない人もある人も試飲してみてください。

≪4年程前はワイン≫
以前にはイタリアのローマ県と宮城県の姉妹県関係から、ワインのラベルデザインとセールスプロモーションにゼミ生と関わったことがありました。残念ながら、「やまや」発売のそのワインは発売終了になってしまったようです。コンペに優勝したおかげでローマ県に学生と招待されたのが、思い出となってしまいました。どうもアルコールに縁があるようです。

ww

  


Posted by 三橋 at 00:00Comments(0)